merrytalk

30代管理栄養士ママが綴る子育てブログ。兄弟の中学受験、教育、食育、家族旅行。ときどき仕事。

二月の勝者【王羅くんの回】を観て、息子の同級生の様子を振り返ってみた

 

石田王羅くん

一番下のRクラスにいて、ニコニコ&ふわふわしていて、全然勉強する気のない男の子。偏差値は40あったかな?

自習室で炭酸飲料ぶちまけたり、塾に来る前に川に落ちてドロドロで登校したり……とにかく周りの生徒に迷惑ばかりかけている困ったちゃん。

 

  

原作を読んではいないけど、ドラマの石田王羅くんの役の子は、ニコニコ可愛いらしくて、困ったちゃんといっても憎めない子でした。

 


横山歩くんていうのか。

確か、木村文乃が主演のマザーゲームってドラマで、文乃の賢い息子役をしていました。そのときも可愛いくて、演技も上手なのでよく覚えてます。

 

 

 王羅くんは、母子家庭育ち。ゲームやカードが好きなごくふつーーーの遊びたい盛りの男の子なんだけど、強いカード(お金がかかる)を持っていないために、友達に仲間に入れてもらえません。

 


学童は小3までしかないため、小4からは放課後を友達と遊んで過ごそうと思っていたけど、仲間に入れてもらえないために、放課後の居場所がないという、ちょっと寂しい男の子でした。

 


挙げ句に、カード欲しさに、祖母の財布からお金を盗ろうとしたところを、母親に見つかり……

 


困り果てた母親が、塾を、放課後の預け先として通わせ始めたのが、王羅くんがこの塾にいる理由です。

 


原作ではもっと王羅くんや家庭のこと、友達事情を掘り下げて、もの悲しいストーリーになっているようだけど、ドラマではわりとあっさりで、

 


最後は、集団授業では浮いてしまって合わないようだから、マンツーマンでみてくれる、桜花ゼミナールの上の階に新しく出来た個別教室に転塾するということで、解決しました。

 


彼はいつもニコニコして何も考えていないように見えて、自分のことを気にかけてくれる橘先生の気持ちもちゃんとわかっていて、心のどこかで感謝しているんだろうな

……っていう表情が、横山歩くんはやっぱり上手でしたね。

 

 



今回は勉強そのものの話というよりも、現代の小学生の放課後事情に焦点を当てている話でした。

 


私にも中学生と小学生の息子がいるけど、王羅くんのように放課後の居場所がない子いましたよ。

 


あれは長男が小1のとき。

 


毎日毎日誰かと遊ぶ約束をして、小学生の遊びタイムリミットである夕方5時まで、友達の家で過ごす子がいました。

 


一時期うちにも遊びに来てましたが、その子は友達と遊びたいといっても、外で遊ぶのは好まないようで。いつも家の中で遊びたがりました。遊びの内容は、もっぱらゲーム。ゲームしながら、おやつのスナック菓子をボリボリ食べて……ちなみにそのお菓子はちゃんと持参して来てました。

 


親は夜帰ってくるようで、ゲームしながらも、たまにキッズケータイでお母さんと、今どこで何をしているとやり取りをしてましたね。おそらく母子家庭。

 


一度遅くなったので送ってあげたこともあるけど、住んでいるアパートが、雑木林の奥まったところにある、古い小さなアパートで、そのような環境に縁がなかった私としては衝撃でした。

 


アパートに付くとその子に、うちの中にはゴミがいっぱいあるから、入らない方がいいよと言われて……

 


ああこの子は関わり合いにならない方がいいタイプの子だなと思ってしまい、それ以来、申し訳ないけど、あの子をうちには連れてこないでと息子に頼み、息子も遊ばなくなりました。

 


まぁあとから聞いた話、息子自身も、その子にはたまに仲間外れにされたり命令されたりすることがあったようで、本心から好きで遊びたいと思っていたわけではなかったようです。

 


その子は小3で引っ越したようで、その後のことはわかりません。

 


お母さんと連絡を頻繁に取り合っていたし、放置子ではなかったと思うけど、母子家庭の場合はあれが限界なのかもしれません。

 


王羅くんのように、仕事に忙しいお母さんに代わって、おばあちゃんが身の回りの世話をしてくれるのであれば恵まれていますね。

 


うちに遊びに来ていたあの子の場合は、おばあちゃんのかげはなかったし、お母さんがひとりで生計を立てているのであれば、仕方なかったのかな……

 


いやでも、なぜ学童行かせてなかったのか、謎。学童じゃなくても、学校の敷地内でキッズクラブという放課後教室も開校していたし、利用させるべきじゃなかったのか。キッズクラブなら夕方5時までは無料だったし。

 


小1から鍵持ってキッズケータイ持って友達の家を渡り歩かせるなんて……

やっぱりあまいご家庭かも。

 


一度、私のパート先の飲食店に、その子とお母さんが来たことあって、お母さん初めて見たけど、髪に命かけていそうな若いキラキラママでした。ひとを見た目で判断するな……とはいえど、やっぱり見た目で大体のことは想像できちゃいます。

 

 

  


話はかわって、もうひとり、放課後毎日のようにフラフラ遊び回っていたやんちゃ坊主くんがいました。

 


やんちゃ坊主くんは、やんちゃとはいえど、長男に対して暴力を働いたり命令したりということはなく、ただほんとに自分がやりたい放題しているだけで、嫌な子という印象はありません。ひたすら明るい子でした。

 


お母さん達の間でもやんちゃで有名な子でしたが、でも根は案外いい子なのよねーと、評判も悪くなかった。

 


なのに、

 


小4のとき、やんちゃ坊主くんともう一人の男の子が、放火騒ぎを起こしました。

 


しかも一回だけではなく、7、8回放火騒ぎを繰り返して、ついには現行犯逮捕。

 


警察も小学生の仕業とは思ってなかったのかもしれません。8回も事件起きてようやく逮捕なんて、遅くないか!?って話です。

 


やんちゃ坊主くんのご家庭は、お母さんも専業主婦で、家もお屋敷のように大きいそうだし、寂しいとか居場所がないとかの事情があったとも思えません。

 


ただ兄弟が多く、なかでも一番やんちゃで手に負えないのが彼だったようで、放し飼い状態にしていそうだなっていうのはなんとなく当時も感じてました。

 


やんちゃ坊主くんのお兄ちゃんは当時小6受験生で塾通いに忙しく、下の子たちはママにべったりでお母さんと一緒にいるところをよく見かけました。

 


そういう意味では、目をかけてもらえないやんちゃ坊主くんは寂しかった………のか?

 


いやーーー伸び伸びと野良犬のように近所を走り回っていたけどね!

 

 

 

普通、子どもは火を怖がる。それなのに、怖がらずに放火して、燃える様子を楽しむタイプの子どもって、成長してからもやばい、サイコパスの傾向がある……っていう話を聞いたことがありますが。

 


そんなことはない、と思いたい。今後、彼がまっすぐ育ってくれることを願ってます。

 


ほんと、やんちゃで無鉄砲な子ではあったけど、長男とはよく仲良さげに遊んでいたからな……嫌いじゃないのよ、私個人的には。

 

 

ちなみに小4の放火事件のころは、長男は塾通いや試験に忙しくなっており、やんちゃ坊主くんと遊ぶ暇はなくなっていました。

 

良かった。っていうのも変かもだけど、良かった。相変わらず一緒に遊んでいたら、一緒に現場にいたということで巻き込まれていたかもしれない。そう思うと怖い。

 

結局、やんちゃ坊主くんもご兄弟も、みんな隣の小学校に引っ越していきました。

 


まあそりゃそうなりますよね。あんな事件を起こしたら、親も保護者から白い目で見られるのは必至だし、我が子とは関わらないでって気持ちにもなるから友達も離れていくことは避けられないし。

 


 

この話には続きがあって、さらに問題になったのは、やんちゃ坊主くんと一緒になって放火事件を起こしたもうひとりの友達のこと。

 


この子、仮にBくんとしましょう。

 


Bくんも現行犯逮捕されたんですが、そのあと児相のお世話になったとかいろんな話が噂程度に流れてしばらくはお休みしていましたが、半年経ったくらいから学校来るようになったんですね。(やんちゃ坊主くんはすぐに転校したけれど。)

 


でも、その数ヶ月後、顔面が真っ赤に腫れ上がって目が開かないような顔で登校してきたそうで、(長男談)

 


結局、親からひどい暴力を日常的に受けていたことが発覚し、小学校から通報されたことがきっかけで保護されて、そのまま学校へは来なくなりました。

 


Bくんの方が、ご家庭にかなりの問題があったようです。こちらも母子家庭でした。

 


私もBくんのお母さんと、授業参観のときなどに話すこともありましたが、どうもお酒がかなりお好きなようで。想像でしかありませんが、お酒飲んで理性を失って息子に暴力……という典型的な虐待の様子が目に浮かびます。

 

 

 虐待のタイプは違いそうだけど、来週の二月の勝者【島津くんの回パート2】では、あの激情型おやじが何をしでかしたのか気になります……。パトカー来てましたが。

 


息子たちも、

やばい家だな、うちはあんなお父さんじゃなくて良かった……

とかボソボソ言ってました。笑

 


でも確か、お父さんがブチ切れて、受験生の息子を◯しちゃった事件、ほんとにあったことなんですよね。

 

そんな悲しいことってあるのか……

 



 

というわけで、キリがないのでここら辺でやめときます。

 


今あげた3人は、長男の同級生の話なので、過去の話になります。(今は中学生)

 


現在進行形で小学生の、次男の同級生の話はもちろんやめておきます。(でも比較的次男の友達の方が、家庭に問題のありそうな子や、目立って浮いている子っていない気がする)

 


まるでドラマや映画にでもなりそうな、問題を抱えているご家庭は、

実際にある

なんなら結構身近にいる

と断言して、今回は終わりたいと思います。

 

 

でわでわ。