merrytalk

30代管理栄養士ママが綴る子育てブログ。兄弟の中学受験、教育、食育、家族旅行。ときどき仕事。

【公務員栄養士】【学校栄養職員】公務員試験を10回受けた主婦の経験談


新卒では、Nのつく大きな企業に対して福利厚生事業を行う子会社の管理栄養士職に就いて、まぁ就職先としては申し分なかったんだけど、


何しろ社員食堂の栄養士がつまらなかったし向いてないしでどうしよう……といつも頭のどこかにモヤモヤとしたものがありながら働いてたわけなんですけどね。

3年間社員をして、その後子どもを産んで育休に入り、仕事と両立出来そうにはない会社だったのでそのまま退職したんですけど。

Nの会社を辞めたのが25歳。
何しろ育児しかしてなくて暇といえば暇だったので、わくわくするような具体的な目標が欲しくて、

公務員受験を挑戦し始めたんです。



春には、
地方上級の食品衛生監視員。
はたまた地方上級の学校事務職員。

秋には
地方中級の栄養士。
もしくは地方中級の学校栄養職員

年に2回の受験チャンスがありました。
30歳になるまで5年間挑戦したので、計10回のチャンスですね。



一番なりたかったのは、地方中級の栄養士です。勤務先が主に市役所や区役所なんで。赤ちゃんの離乳食講座とか、妊産婦の食事指導とか、高齢者のための料理教室とか、そういうのをやりたかったから。主婦になって妊婦を経て子育てして……って経験も積んだので、これなら自分にも出来るだろうって思いました。

学校栄養職員は、既に社食の栄養士の仕事が合わないってわかってたんだから、また似たような仕事しても仕方ないかなぁ……給食は苦手だ……と思ってたのでそこまで熱意はなかった。正直。

でも、栄養士職は募集がない年もあったので、ない年に限って学校栄養職員に応募してました。



地方上級の食品衛生監視員については、大学で資格を取っていたので、受験資格もあるしせっかくだから、という気持ちで受験しました。

食品衛生……栄養士以上に知識も経験もないし、興味もないし、なれたとしても苦労しそう。でも地方上級公務員だから、優秀な肩書きが出来るしいいな、とか思ってましたね。(一番雇ったらいけないタイプw)

で、2度、食品衛生監視員を受けて、その後の3年間は学校事務職員を受験したんです。明らかに食品衛生監視員なんて出来ないだろ自分……て思ったから。それなら、学校事務職員の方が地味ではあるけど、一人職で気楽だろうしいいなぁと。



結果はこれからひとつずつ話しますが、受験しようと思ったときの私の心境を徒然なるままに書きますと、

⚫︎企業で管理栄養士をするのは難しい。残業ありきの職場で、すみませんすみませんと頭下げながら定時で帰り……そんな風に子育てをしたくない。(というか、私の主義だけど、3歳までは保育園に預けたりせず、自分で育てたい!とこだわりがありました。一番可愛い時期を他人に託すなんてもったいないことこの上ない!と思います。今でも。)正社員を捨てようかかなり迷いましたが、両親も「こんなに可愛いときなのに保育園へ預けるなんてもったいないね、仕事はこれからどうにかなるよ」と言ってくれたので、辞める決心がつきました。

⚫︎それでもせっかく管理栄養士になったんだし、もう少ししたら、ちゃんと活かせる仕事がしたい。私の親や兄弟はみんな優秀で、私も一応国家資格を持っているけれど私だけ大した大学を出ていないのも現実。私もやればもっと出来る、最後に花を咲かせたい!みたいな気持ちもありました。パッとしない私が公務員になれば、親も喜ぶだろうなと思いました。もちろん、私にも安定した収入が出来て、もっといい生活が出来るようになる!とも思いました。正社員を辞める引け目も少しはあったので、旦那にも、やれば出来る子だね、と認めてほしいっていう気持ちもあったような気がします。今思えば、子どもがまだ赤ちゃんだった頃は、自己評価がすごく低かったですね。承認欲求がすごかった。

⚫︎純粋に、目標を持って勉強するのが楽しかったです。子どもが昼寝をしているときと、夜寝かせたあとのお楽しみ、というかんじだったので、勉強はちっとも苦じゃなかった。
試験会場は近辺の大学なんだけど、会場に向かう日の電車の中で過ごす時間もわくわくでした。試験の合間にお昼休みがあって、コンビニであらかじめ買ってきたお昼を食べるんだけど、それも楽しかったです。久しぶりの教室や学校という空間が、育児の気分転換になっていたんですね。


***

さて、試験内容ですが

食品衛生監視員は、
学力試験【大卒レベル】(午前)
専門試験(午後)

学校事務職員は、
学力試験【大卒レベル】(午前のみ)

栄養士職は、
学力試験【高卒レベル】(午前)
専門試験(午後)

学力試験【高卒レベル】(午前)
専門試験(午後)

です。


地方上級試験だと、大卒レベルの学力試験になるんですが、さすがに難しかったですね。

秋に受ける地方中級試験の高卒レベルの内容とは、難易度が雲泥の差だと思いました。

大学受験をしていれば、真面目にそこで勉強してさえいれば、地方中級の学力試験はわりと簡単です。(私は大学の栄養学科のクラスでは、英語や数学、化学も得意だし優秀な方でした。もとは薬剤師を目指して勉強していて失敗し、管理栄養士をやむなく目指すことになった人間なので、そりゃあ栄養学科を第一志望にしていた子たちの中では、悲しいかな、優秀に決まってますよ……。)

食品衛生監視員の専門試験ですが、難しかったです。勉強しましたが、わからない問題だらけでした。わかる問題もありました。半々くらい?

栄養士や学校栄養職員の専門試験は、管理栄養士に合格したひとなら簡単です。ただの栄養士さんにはわからない問題もたくさんありそう。



***



気になる結果ですが、長くなりますので次のブログにまとめます。

面接にも何度も進みましたので、どんな質問をされたか、どんな雰囲気だったか、そんな話もまとめます。



あのね、結果についてひと言でまとめると、

色々と惜しくて惜しすぎた!!
惜しくて惜しくて涙が止まらなかった!!

これに尽きます……。



次回に続きます。

でわでわ。