merrytalk

30代管理栄養士ママが綴る子育てブログ。兄弟の中学受験、教育、食育、家族旅行。ときどき仕事。

3年前、石打丸山スキー場でスキーデビューをした我が家。今ではホームゲレンデです part:Ⅱ


前回の続きです。



石打丸山スキー場でスキーレッスンを終えて、ランチ休憩をしたあとは、リフトに乗ってハツカ石ファミリーゲレンデへ。


今ではホームゲレンデとして気楽に滑れるゲレンデですが、最初はほんっとうに怖かった!


ボーゲンしても、


滑る滑る!無理むり!待って待って!みんな待って!


とひとり騒ぎながら、ズリズリズリと。滑るというより、雪搔きしてる状態。笑


パパや息子たちよりはるかに時間をかけてどうにか降りました。何しろ一度滑っただけで、ふくらはぎや脛がめちゃくちゃ痛い。


ようやくリフト乗り場まで降りると、3人は早速もう一度滑ると言う。


二度めは、怖いし足も痛いしで、隣接しているツインタワー石打のゲレンデレストランまで歩いて戻り、ひとり休憩しました。




***




ここまでが3年前の話になります。




さて、初心者にとって、石打丸山スキー場のハツカ石ファミリーゲレンデの何がいいって、ここですよ!


我が家は毎回、ツインタワー石打というリゾートマンションに宿泊しているんですが、ハツカ石ゲレンデと完全に隣接しているんです。


↓ツインタワー石打

f:id:merrykt:20200105081529j:plain


↓ツインタワー石打からハツカ石ファミリーゲレンデへ出られます。息子たちが準備しているところ。

f:id:merrykt:20200105081726j:plain



だから、疲れればすぐホテル(リゾートマンション)に戻ることができる。お茶休憩もトイレもすぐに出来る。吹雪いてきて視界が悪くなったり寒さに耐えられなくなったら、すぐにホテルに戻れる!


という安心感!!


ここが有り難いんですよ〜〜!





今年(2020年)行ったかぐらスキー場の田代エリアは、標高の高いところにあるスキー場なので、もう疲れた〜吹雪いてきた〜ってなっても、すぐには戻れないんですよね。


まだまだ初心者の下手っぴには、それだと体力的にも気持ち的にもツライ!


もちろん田代のゲレンデは、景色も良くて、広くて滑りやすくて、もう一度行きたいって思うんですが、行くときは、さあ行くぞ!って気合い充分のスキー旅一泊めじゃないとキツイかな。


疲れている二日めは、ホテル目の前にある、まるで"お庭"のハツカ石ゲレンデが最適なんです!




ま、そんなかんじで、3年前のスキーデビューの日は、休憩を挟みながら、何往復か滑りました。


息子たちは、初日で完全にボーゲンをマスターして、どんどんスピード出してましたよ。





スキー2年めからは、パパに教わって息子たちはターンを覚え、ハツカ石から離れて、サンライズエクスプレスに乗り、山頂まで行くようになりました。


↓長男、山頂ゲレンデにて。背景は魚沼盆地。

f:id:merrykt:20200105081959j:plain


↓また別の日の次男、山頂ゲレンデにて。

f:id:merrykt:20200105082046j:plain



メルヘンコースやパラダイスコース、サンライズライン、さらには中級者向けのクルーザーゲレンデまでマスター。


上達が早くてうらやましい……

私は石打丸山スキー場では3年めの今もまだ、ハツカ石ファミリーゲレンデ以外では滑ったことがありません。


(写真は両方とも、パパが撮ってくれたもの。私はまだ山頂へ行ったことありません。)



でも、今年はかぐらスキー場の田代エリアをぐるりと滑れたわけだし、石打丸山でも他のゲレンデに挑戦してみようかと。


サンライズエクスプレス、乗ってみたいんですよね。


それで山頂まで行って、友情の鐘というのを見たり、魚沼盆地をバックに写真撮りたいんですが……


いつになることやら。




ひとまず今年はまた2月に湯沢に行く予定なので、そのときは今度こそ石打丸山でのんびり滑りたいと思います!


田代には、初日天気が良さそうであれば行こうかな!





時系列があちこち飛んでわかりにくくて申し訳ないんですが、初心者向けのスキーレポは以上になります。



でわでわ。